データベースエンジニアからビジネス界へ

データベースエンジニアとしての仕事は、データベースを設計して構築したり、保守管理を行ったり、その解析を行ったりするものだ。
IT系企業に勤めると、その全般的な能力と技術を身につける機会に恵まれることが多く、その経験を通して自分が最も興味がある方向性が見いだされてくるだろう。
その過程でデータベース開発を行うことよりも、全体像を見渡しながら目の前のデータベースを効率的にかつ効果的に解析するという部分に最も興味を持つ人もいる。
そういう人にとってのキャリアパスとして、その企業での出世によりプロジェクトマネージャー等を目指すというものもある。
しかし、よりその興味を仕事に生かすという観点からフリーランスを始めるのも良い手段なのだ。

フリーランスをするにもフリーエンジニアとしての仕事を担っていくという方法以外に、よりそのスキルを活用する方向性へ進む道がある。
ビジネス界においては膨大なデータを取得したり、解析したりすることでビジネス戦略を立てるということが行われている。
それを担う仕事としてコンサルタントやアナリストという道があるのだ。

こういった人たちはもともとビジネスやファイナンスを学んできた人が多く、データベースの扱いについては専門ではないのが一般的である。
そのため、データベースエンジニアの視点からこういったビジネス領域への進出を行うことで独自性を発揮して活躍できると期待されるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です