データベースエンジニアの実務経験の期間

生涯の中で、社会人となってビジネスに費やすことができる時間は意外と短い。
若い頃は無限にあるように感じる時間も、歳を経るに従って次第に限りを感じるようになる。多くのベテランたちは、若い頃にもっと真剣にキャリアパスを考えておけばよかったと後悔することも多い。
早めにキャリアの重要性に気づいていれば、もっと高い立場で仕事に従事できていた可能性もある。
こうした後悔を繰り返さないため、新人時代からのキャリアへの取り組みの重要性を広めていくことが必要である。

データベースエンジニアの場合には、どのようなキャリアを描くことができるのか、その具体的な例について認知させていくべきである。
データベースエンジニアからは、システムエンジニアやプロジェクトマネージャー、あるいは他の仕事の分野に進出して、業務アプリケーション開発や製品開発の分野に進出するキャリアパスも考えられる。

いずれにしても、データベースエンジニアからのキャリアでは、それぞれの段階でどの程度の年数を費やすかについて、ペース配分を必要とする。
専門性を高めるのであれば、一つの仕事を長く続けることが有利である。一方、複数のキャリアパスを短いスパンで渡り、幅広い分野をカバーするプランも立てることができる。ただし、経験していくキャリアの各段階で、それぞれに実務経験の期間がある程度長くなければ、キャリアとして認められないケースもある事から注意が求められる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です